客観的なイメージ、似合う色を知りたい

16typecolor

好きな色、形、デザイン、素材で迷うことはありません

まず指輪の数に驚きW・・・

すっかり、月末ですね。今回とてもレアケースなカラー診断結果となりました(その後もう1人いらっしゃいましたが)

9月中旬にいらしてくださった、大田区からお越しのN様33歳。お仕事はIT系です。

1番のお悩み

好きな色、形、デザイン、素材などハッキリしていて迷うことはありません。なので「何を買ったらいいか」という悩みはありません。ただ、客観的に見て私はこういうイメージでこういう色味が似合うというのを知っておきたいです(大前提を知ったうえで、自分で選べるようになりたい)メイク全般では毛穴とくすみが悩みです。

私もこのご意見に賛成です。大正解を知ったうえで好きなようにやりたい。そして客観的に見て何が似合うのかは知っておきたいところです。と返信しています。

この、N様ひと目見てびっくり!なんとヘアカラーが白っぽい金髪。尚且つ全体に薄く緑色がかかっている・・・初!(笑)髪色に引っ張られるかと思いきや結ばせていただいたら全然気になりませんでした。お顔色は超色白。人からのイメージはにぎやか、元気。

目標:芯が強く、自分がある人に見られたい。

 

ライトスプリング

左:ライトスプリング:右:ミューティッドオータム結構レアです。黄みがあり、和らい印象。ほぼ同じようなカラーが獲れてます。両シーズンのベーシックカラー多し。

診断結果:ライトスプリング:2nd:ミューティッドオータム。

顔タイプ:数値はエレガントでしたが、全体像を鑑みてアクティブキュートさん。ポップでカジュアル、遊びがある、プラスエッジの効いた服が似合うというイメージでした。

この日もとてもお似合いのお洋服をお召しでした。なかなか勇気がいるお洋服ですが、とびきりのセンスなのでバッチリ決まってましたよ。メイクカラーもパーフェクト!

「感覚は全て合っているのでやりたいようにやってください」と申し上げました。こういう方もたまにいらっしゃいます。

その後メールで結婚式のお写真を見せてくださいました。アイボリーで襟の高いクラシカルなレースのドレスにブーケの色もバッチリ。貴婦人風のお帽子も。N様からは「こだわりにこだわったヴィンテージドレスと小物達・・・すごく気に入ってます」と。

自分をわかってるとここまで素敵になれるのかと今回改めて感じられた例でした。

くすみに関してのアドバイス

アディクションの新色達。

ファッションイメージ、メイクカラーと完璧だったN様。なのですが、くすみに関してのお悩みがありました。いつものように、ファンデーションとベースの色をチェック。やはり原因はここにありました。

特に色白の方は、何回も書いてますがファンデーションの色は要チェック。ファンデーションの面積はお顔で1番大きいところを占めますよ。

N様のお持ちのブランドのファンデーションで1番明るい色といっても「濃い」というのを知っていたのでご指摘させていただきました。

略・・・○○のファンデが濃すぎるというのも目からウロコでした。1番明るい色を使っておけば大丈夫でしょ。と思ってましたがもっと自分に似合う色を探していきたいと思います!また、マット目に仕上げていたリップですが、たまには艶っぽく仕上げてみようとセルヴォーグのイエローグロスを買いました!とメールで頂きました。

カラーマスカラも何色もあります。ホールにイエロー、二重幅にパープル。下瞼にピンクを塗っても良さそうですね。メイクは遊んでください。映えます!

ご感想

いろいろ自分で調べて自己診断でスプリングな気はしていたのですが、ビビッドな色は好みでもないし似合うとも思っていませんでした。どちらかというとくすんだ色が好きなのでスプリングではないのか??と迷っていました。今回2ndに、ミューティッドオータムが来たことで結果としてすごく納得しています。淡い色ばかりの私のワードロープは間違っていなかったと・・・うーん。コメントも凄い!

飛び抜けてオシャレなN様。bulle de savonがお好きだとか。まさにオシャレなザ・アクティブキュートさんのブランドですね。

 

このご感想を受けて思ったのは、うちのサロンでは「セカンドシーズンのセレクト」を大事にしてきて良かったな。と思いました。

メイクにしても、顔タイプのイメージに合わせるにもファーストシーズンだけでは到底納得が難しいケースも沢山あったからです。幅広く、フレキシブルにご自身に似合う物を見つけるためにセカンドシーズンまでの診断はお勧めです。

 

明日から3連勤。また楽しみですね。

10月の診断募集は30日14時からです。

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧