ウインターさんが不得意とするマスタードイエローですが似合うこともあります

kaotype

クールウインターさんでもマスタードカラーが似合う時は・・・

 

先日、16タイプパーソナルカラーのスクール同期(現イメージコンサルタント)が不得意とするマスタードイエローを主役としてカラーコーデをインスタで投稿してました。

 

 

いつもはクールウインターさんなので、青みの強い鮮やかでシャープなクールカラーを着てアップされてることが多いのですが、この日は濃紺のトップスにマスタードカラーのタイト目(直線的)スカート。「好きだから着ます!!苦手色でも上半身にベストカラーを持ってきて顔から離せばOK」という内容だったのですが、私の目から見ても本当に違和感なくむしろ似合っていて良いよね。と感じました。

 

 

 

なぜウインターの鬼門カラーが似合うのか

それは何度か書いてますが、顔のイメージに合ってるから。彼女の場合クールウインター。そして計算もしてませんが、顔タイプ診断ではどう見ても大人世代の「クール」そして骨格はミディアムシャープ。肩幅もあるほうです。(彼女をスクール時代に骨格の診断をしています)いわゆるカッコいい系が1番ハマるタイプなので、少しでもフェミニンに傾く形を着てると先生がどうにも違和感を感じるらしく、着てる度に「何故それを着てますか?の勢いでした。」W。そして、かっこいい系を着てるとき「今日は良いわね。立ってください。」と満足気だったのを思い出します・・・

 

◆顔のイメージにも骨格的にも似合う要素のシャープなデザインの服を着ていた。

◆配色としてもマスタードイエローとネイビーでメリハリが効いていた。コントラストがある→シャープ。

◆ブルーベースの青み強めだけがクール・シャープ色ではない。イエローベースの中ではマスタードも辛口・都会的(アーバン)な色。

それともうひとう・・・周りから見てその人に着て欲しい服ってありますよね。御大から見て彼女にはクールな服を着て欲しかったので。洋服は自分だけのものではないという事もあります。

 

このようなことがあいまってお似合いでした。似合う色の幅がいっそう広がります。(マスタードカラーですごく甘めなディテールの服はあんまり見ないですよね。)

 

 

4シーズンの進化版。16タイプカラー診断のドレープです。

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧