コントロールカラー

cosme

今回は診断させていただいたK様のお悩みにしようかと。ニキビの跡や出来ているニキビのカバーについて。どうしてもカバーしたい時は誰でもありますからね。K様はあご辺りの赤味以外はとても綺麗なのでそこに正直目が行かないわけでもありません。そんな時はコントロールカラー(カラーベース)を使うといいですね。

 

エテュセ 化粧下地 フラットデザインカラーチェンジャー イエロー 2,700円  ノンコメドジェニックと書いてあるものを選びましょう・・・たいてい皮脂を吸収して毛穴をふさがないタイプです。頬の赤味ニキビ跡の赤味を抑えるコントロールカラー。SPF12。今回のお悩みにはベストです。ロフトやミニプラで手に入ります。エテュセは資生堂グループです。

コントロールカラーの効能

肌色の補正、補修、調節をする化粧品のアイテムをさします。くすみ

 

ブルー、グリーン・・・赤味を抑え透明感のある仕上がりに。

 

イエロー・・・くすみを抑え明るい肌色に。赤味の補正をする。

 

ピンク・・・顔色をよく見せたい。血色感を出したいときに。ただ、塗りすぎるとほてって見えたり膨張して見えます。また、首の肌の色味と変わる場合あり。

 

パープル・・・透明感を出したいとき、くすみがちな肌に。つけすぎると白くなりすぎます。

 

 

 

私は「ベースメイクアップ」は使いますがこれらカラーベースはなるべく使わないようにしてます。使ってこのイエロー少しくらい。ファンデーションはいろいろと重ねていくとくすみやすくなります。そもそも肌と違う色を重ねるので量は気を付けてください。

 

コントロールカラーのつけ方

リキッドファンデーションをつける前にスポンジや指の腹でつけていきます。まず大きい鏡で顔全体を見て赤味のある所をピックアップ。その赤味のある中でも芯になってるところから塗布しましょう。そこに一番つけることができるからです。量はつい出し過ぎますが少しで良いです。そしてニキビの部分はコンシーラー。輪郭だけ伸ばして芯部分はあまり伸ばし過ぎないようにします。

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧