ビューティワールド備忘録2022

美容コラム

今年のビューティワールドについて

■この記事が役立つ人:美容業界の関係者。ビューティワールドって何?と思っている人。最新の美容事情について知りたいと思っている人。

今年、久しぶりに開催されたこともあり、以前書いた下記の記事が4月~5月にかけて非常に沢山の方にアクセスがあり読まれています。一定数の需要があるので備忘録として書いておくことにしました。

ビューティワールドで買い物上手になるコツ

ビューティワールドとは

試供品として頂きました。インドのアーユルヴェーダをエッセンスとして作られているソープ。

基本的に美容商材、美容機器、知識や技術、サービスの日本最大の見本市。対象は企業や美容サロン経営者のマッチングを目的としています。

公式でも「商談を目的とした、商業見本市のため、16歳未満、および業界関係者以外のご入場は固くお断りしております」と書いてあります。またお子様連れのご入場もお断りしています。

私は、業界トレンド、最先端、最新の技術、製品に触れたり、出展者のプレゼンテーションを見たり聞いたりするために今回は出向きました。良いコスメがあれば取り扱う事も考えていましたよ。

今年の傾向は

良さそうなアイクリーム2本とクリーム。右のクリームを今使っていますがとても良いテクスチャーで肌状態をキープ出来ています(アイクリームはNMN配合)

化粧品を見ると今年は「NMN」やこだわりの「幹細胞培養上清液」また「シルク」配合も目に入りました。シルクに関しては前に化粧品販売として扱っていたことがあります。薬機法では表現できませんがとてもとても効果があることは知っていて、もっとメジャーになっても良いと思う素材だと思います。

また、思ったよりCBDの看板は少なかったかもしれません(なにせこれも効能効果の表現が難しい商材です)

それから今までなく、今回初めてみたブースではアイブロウのワックス、技術を取り扱う会社がひと際、沢山の人で盛り上がっていました。最終日には、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんがメインステージで100席の講座をされて大盛況だったとのこと。

その他、まつ毛美容液も沢山ブースがありました。そういえば、行きつけの銀座の眉ワックスサロンでは「エクステよりも今はまつ毛美容液をつけて、まつ毛パーマをお勧めしている」と担当の方がおっしゃってました。

スタッフ全員がまつ毛パーマをかけていると言っていたので業界の流れなのでしょう。いたわり、伸ばしつつ、パーマをかける方が私も興味あります。ただ、まつ毛美容液は、色素沈着の問題があるので躊躇もしますが…出展されていたのはやはりその辺をしっかり考慮されている製品ばかりでした。

それから、本当に初めて見た中で、今業界的に盛り上がっていたのは、フェムテック製品の(デリケートゾーンのケア)ブースも多かったです。「膣内年齢検査キット」などお話を聞いてる方が沢山いらっしゃいました。これは膣内の常在菌のバランスを見ることで、膣年齢がわかり、生活習慣のポイントなども把握できるという画期的な検査キット。

その他、美容雑誌系や針系コスメ(ファンデ含む)馬プラセンタなども目につきました。カラーコスメについては、収穫はなかったです。

まとめ

今回も袋の取っ手が外れるくらいお買い物してきました。使って良いものがあれば紹介していきますね。

今年は2日目に行ったのですが、微妙なお天気でしたので見やすかったです。いろいろと試すブースが沢山あったので来年行った時はもっとチャレンジしてこようと思います。また、まったくサプリメントは見なかったのでインナービューティーも視野に入れようと思った次第です。

とにかく久しぶりにこのような大きな展示会に行きましたが、活気があり盛り上がっていました。

最新の技術、知識、製品に触れる機会は大切なので、来年もまた出向いて来ようと思います。

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧