結局何色が似合うのかわらない

16typecolor

お客様からは4シーズンのカラー診断では範囲が広すぎて結局何色が似合うのかわからないとよく言われます

 

誤診シリーズ第3弾最終章。といっても先週のうちの2日間。とにかく多いのでまたあると見越してます。・・・この記事は「パーソナルカラーを受ける際は内容・診断環境をHPでしっかり確認してください。」という事です。受けた後スッキリするどころかモヤモヤして似合わないものをセレクトしてる方が多いので。今回は誤診もそうですが「そんな診断結果の渡し方はありなの?」いうパターン。

第1弾第2弾

 

みなとみらい地区(すぐ近く)からお越しの会社員41歳のI様。コースはマイベーシックパーフェクトコース。

 

都内超有名サロンで「4シーズンのパーソナルカラー診断&フルメイク」という診断コースを受けられています。その診断では「サマーとウインター両方です。」という診断結果だったとか。そして驚いたのはその金額・・今まで聞いた中では圧倒的に高い。いえ、こういうものは価値を売るものなのでが高くても、その価値に見合う場合はもちろんありだと思ってます。しかしこのI様、2ベース診断を受けに行ったわけではないはず。(同等に似合う場合も確かにありますが、きちんと見れば優先すべきシーズンは必ずあります。その場合でも説明は十分にすべきです)

 

それと、フルメイクを希望してないのにオフィス用を紹介され、結局、ブラウンメイクだったそうで後に使用した化粧品の番号をデパートへ見に行くと「みんなオータムカラー」だったという事でした。I様は、「いいとは思えなかった・・・」というご感想。もらった資料はテストドレープのチェック表だと言われてましたが・・・

 

ご予約時の質問解答:「似合うといわれた幅が広すぎて結局、何色が似合うんだろうとなってしまうので、ラッキーカラーみたいなものが見つかると良いなと思います。あと大きめの柄が好きですが果たしてそれが合っているのか。メイクでは私に1番似合うカラーでメイクをして欲しい。童顔なので艶っぽくなりたいです。」というご要望でした。

 

本当に同格2シーズンなのか

さて診断結果は・・・1st:ビビッドウインター2nd:ビビッドスプリング

左ウインターベストカラー。右上ベストオブベスト。右下スプリングベスト。とはいえ、スプリングもビビッド以外は取れていません、ほぼ、ど真ん中ウインターと言えるでしょう。赤は特にお得意でスプリングのスカーレットも超絶お似合い。

 

セカンドシーズンのベストカラーは、彩度、明度の観点からスプリングから見ましたが、サマーの可能性はないのかを確認してみました。(簡単にウインタービビッドにたどり着いたので)この時点でドレープは140枚見てます。通常120枚くらい。

 

左ウインターベストカラー。右サマー。サマーからやっと取れたのは、真ん中ベージュ以外はウインター色に近い。このことからサマーの白の混じった色は同格ではないことがわかります。

 

この日はとても蒸し暑く手にタオルをお持ちになりご来店されたのですが、色がリアルレッド。鮮烈さを感じるほどの赤でタオルには珍しい・・・そしてお洋服は黒。袖口にワインレッドとイエローが少し入るウエストをマークしたワンピース。見事に差し色として効いていて、ウインターを意識した装いだったのです。本当に良くお似合いでした。靴もワインレッド。(撮り忘れました)

 

ゴールの最終イメージは「つやっぽく・クール」

顔タイプ:ソフトエレガント領域ですが、パーソナルカラーがビビッドウインター。醸し出してるイメージは成熟した女性のドレッシーな感じが似合うので顔タイプエレガント要素を入れていくと良いとアドバイス致しました。(今のロマンティック、フェミニンをグッと大人にドラマティックにしたイメージ)

自分スタイル診断:ミディアムシャープ(本来マニッシュまでいけますが、とにかくエレガンス系がお似合いとみましたのでスルー)

そしてI様。童顔だけどつやっぽくメイクして欲しいとありましたが、これには理由がありました。(顔タイプは額を上げて撮影するのですが、童顔ではなかったです。本当に成熟した美しい女性でした)

 

I様は周囲の方々からは「可愛らしい。フェミニン」を求められてずっと応えてきたのですが、最近になりご自身の中で違和感が大きくなってきたという事。お母様からはコーラルピンクが似合うと言われていたとか。黒のお洋服を着てるとお母様が違和感を感じてるのがわかると・・・

 

こういったファッションイメージの診断は自分のイメージを確立していきたいと考える時には背中を押すことのできるツールだと思います。

 

まとめ

超有名人気サロンでもHP内容、お客様の感想なども必ず確認してください。(結構うちに再診断来てます)

どこまで診てもらっていくらなのか。(4シーズンでセカンドシーズン無しの診断はよくあります)

お渡しのツールはなにか。

2ベース診断だったら良いのですが、優先順位無しで複数のシーズンを渡すは通常ないです。

 

I様の感想

このディオールのリップ。こういうタイプのカラーは特にウインターさん向け。ダイレクトでも重ねてもニュアンスが変わります。サマーの私がつけたら魔女ですW。

 

前略~綺麗に撮れてます。昨日はありがとうございました。楽しくてあっという間に時間が過ぎ去りました。渡辺さんが気さくな方で、すぐに緊張がほどけました。

 

ビビッドウインター、納得です。可愛いは少しずつ卒業です。渡辺さんの言う通り、可愛いに作られた自分に違和感を感じていたと思われます。華やかにしたかったのに、みんなの可愛いイメージに追いやられて封印せざるを得なかったと思われます。

 

「ベストオブベスト」沢山ありますのでお洋服にもメイクも色々な組み合わせなどに挑戦して、また新たな素敵な自分探しの旅へ出かけようと思います。第2の人生のようです。心が踊ります。

 

早速ご紹介頂いたメイク品、仕入れて参りました。ブログ是非載せてくださいな。本当にありがとうございました。

 

8月2日夕刻に頂いたカルテ送付後のメール:~略~ウィンターコーデ楽しんでいます。気をつけないと派手派手な人になってしまいます。なんとなく、エレガントのお洋服のほうが、ウィンターカラーが多いように思います。

華やかな色が好きなので私の好みはエレガントの方です。けれど、職場では派手派手はうきますので、そんな時やしっとり落ち着いた女性を目指すときはメイクもおさえて、ソフトエレガント寄りにするとよいのですよね!

渡辺さんのパーソナルカラー診断後は大げさに言ってしまうと人生が変わりました。毎日ウィンターカラーを身につけると、気分が上がります。ありがとうございます。~略~

 

そうです。全てI様のおっしゃる通りでございます。エレガントの方が華のあるデザインなのでウインター色を使ってるブランドが多いです。そのように、シーンによって使い分けていただけるのが最善です。まったく迷いなく選べていてさすがとしか言いようがないです。抑制された自分の殻を破られて本来の魅力を開花して生まれ変わったという事ですね。本当によかったです。これがイメージコンサルの醍醐味なのです。

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧