ブルーベースとイエローベースを間違われたら活用できません

16typecolor

ベースが間違われると厳しいですね

こんな風にプチプラも現在販売しております。ベースから間違ってたら・・・つけることにより魅力が下がります。メイクダウンにはなりたくないものです。

 

今日は平塚にお住いの30代のOLさん。コースは、「マイベーシックベースメイクコース」

 

1番解消したいお悩み・・・2年程前に簡易なパーソナルカラー診断(4分割で1st、2nd)骨格診断を都内の商業施設で受けてました。診断自体は興味深く納得できたのですがあまり活用出来てないと感じます。「パーソナルカラー・骨格・顔タイプ」をトータルで診断していただき客観的に似合うものをもう少し詳細に知りたいと思ってます。

 

さて、なぜフル診断受けてるのにうまく自分で活用できないのか・・・これもよくある内容です。皆さん、それでもう1度受けに来られるわけですが。

 

以前の診断結果は1st:ミューティッドオータム:2nd:ミューティッドサマー。黄みで柔らかくおだやかなくすみ感のある色です。

 

U様ワースト例・・・なのですが、これがミューティッドオータム色の一部。

 

ブルーベースが溶け込みわかりません。反対の腕浮いてますね。(イエローベースがついてます)

 

まずベースから・・・ハイ、違いました。

 

私の診断では1st:ディープウインター:2nd:ディープオータム。黒もあたりまえにベストオブベストという結果になりました。ミューティッドオータム・・・どうしてそうなるのか理解に苦しみます。U様は試着してはやめを繰り返していたようです。いくらあてても活用できないのも無理はありません。

 

実際に顔に当てたワーストはこれ。パステル弱し。

 

顔タイプは数値と一緒。「エレガント」ど真ん中。骨格はストレート気味。しかしながら、その大胆な色使いや凝ったディテールが見慣れなく気恥ずかしいご様子だったので「ソフトエレガント」やや直線寄りをオンタイムで活用し徐々に慣れていきましょうとなりました。(当然資料は2種差し上げてます)骨格は前の診断ではストレートさんと言われているので直線スーツやトラッドな感じと言われてるのが似合わず苦悩されたとの事。ここが地味でやぼったく見えがちでした。

 

 

 

結果的にはまさに私がワーストカラーとしてセレクトしたドレープあたりの色が、以前もらったベストカラーでした。それでは残念ながら似合いようがないですよね。そして診断以前のご自身で選んでいたのはワインレッドや深いグリーン。ゲストドレスとしてお召しの時も「痩せた?素敵」と言われていたとか。診断以前に選んでいたカラーが合っていたU様の感覚が合ってることを証明した「答え合わせ診断でした」

 

 

赤系は大お得意。

 

その時の資料を見せていただきました。どうして冴えなかったのかよく理解できる、ある意味貴重な資料ですW。U様は「似合う色にマーキングしてあるので見返したらウインターが1色もないんです。詳細面白く見返してしまいました。」と感想をいただきました。

 

こちらお得意でないアクセサリー。似合わないのもわかります。(買ったらあかんやつですわ)

 

 

これは似合う柄。レオパードはもう少し大きい柄。グレーベースが良いですが、セカンドディープオータムさんなので通常でも良しです。こんな時セカンドがバッチリ合ってると使えます。

 

 

ご感想:カルテを拝見させていただきました。自分の様子を写真でまた日をおいて確認すると客観的に見ることが出来ていいですね。診断を受けた当日はただただ驚くばかりでしたが、改めて選ばれた色を見ると、1度目のPC診断以前に身につけていた色に近く(暗色派でした)なんだか懐かしささえ感じます。特に好きな色味の赤がベストオブベストに選ばれてたのは嬉しかったです。これからは自信を持って選びたいと思います(笑)メイクに関しても青味を避けていたので、まだびくびくしていますが、少しずつ挑戦していきたいです。変われるチャンスですね。この度は本当にありがとうございました。-全文そのままーU様ありがとうございました。

 

 

なぜパーソナルカラーの診断結果が活用できなかったのか

◆誤診だったから。特にベース違いは似合いづらいですね。そして明度、明るさの度合い、今回暗めの色が一番よかったのですが、以前渡された「ぼやけた明るい濁りのある色」はワーストに当たります。

◆メイクでは美人なのでテクニック不要で技術が向上しなかったことはさておきW、「質感」が違いました。オータムと言われていたので、ツヤのない、マットが似合う。そのように仕上げていたようです。ウインターさんでしたら、艶あり、ラメ、光沢お得意ですからこれも冴えない。

 

◆顔が、エレガントなのに直線スーツのシャツ、典型的に合わないコーデですね。

 

お客様が混乱を極める診断結果が残念ながら横行してますので、そのような場合私は、特に丁寧に診断しております。やはり、色はもちろんなのですが、3つの条件を融合させた結果が今後活用しやすくなります。

 

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧