パーソナルカラーが自分のシーズンでなくとも買うの?

personalcolor

 

南町田のグランベリーパークへ

バーゲンも終盤となり、底値がついてる洋服も多いですね。一昨日は、町田でよく会う友人と「グランベリーパーク南町田」へ。

 

 

その時思ったのが『自分に似合う形、色、テイストとこれからのトレンド』を知っていると「大量の洋服の中、短時間で全く迷わず選びとれるものだ」とつくづく実感できた日でした。

 

たいして欲しいブランドもないし・・・と思ってたのですがよく見るとありましたW売れ残り?が多いとはいえ、昨年から継続してるトレンドもありますし、これは、この春夏から注目のアウターだ!というのもありました。

 

一緒に行ったのは「診断はしてないのですが、オータム友人Rさん」Rさんは現役化粧品のラウンダー。(ラウンダーさんは、決まったデパートのカウンター業務ではなく、いろんな場所に出向く美容部員のことです)このRさんの販売力は今も伝説なのですが、元S社、当時2万人いたBA中のNO.1。今日はそこはさておき・・・

 

自分のパーソナルカラーシーズンでなくても買うのか?

見た中で「ここは結構トレンドが反映されていて素材も悪くない。」という店で購入。私はコートとスカートだけ。コートは自分のシーズンカラーですが、スカートはオータムのミューティッド(くすみ系)でもトレンド系の色・・・大お得意とはいかないですが、上半身にベストカラーやデザインを持ってくればなじむ=調和がとれます。

 

コートはライトなラベンダーピンクですが、スカートはどう見てもオータムミューティッド(柔らかいくすみカラー系)。要はこのスカートでトレンド色を押さえたかった。

 

ところでこのスカート。リバーシブルで反対にするとベージュのオーガンジーで黄みが途端に強くなります。そうなるとかなり似合いづらい状態に。と言っても2,450円はお値打ちで買いでした。ラフに着こなすならパーカーも良いでしょう。(それもテイストに合わないですがラフにしたい時)

 

 

シーズンカラーでなくとも合わせ方で着れるものは買います。勝負どころでなければ私は構いません。本当に身につけてはいけない色でない限り・・・私で言えば、マスタードやテラコッタですね。・・・そして、16タイプカラー診断では私はブルーベースオンリーですが、12タイプとなるとソフトオータムというカテゴリーになるので、条件的にもクリア。実際よく手を出すのかは、わからないですが・・・

 

まとめ

☑自分のベストカラーはもちろんですが、どこまでが可能領域なのかは、知っておくと洋服が格段に広い範囲で選びやすくなる。

 

☑自分のベストシーズンの特性をイメージだけ覚えるのではなく、文章、条件で頭の中でわかっていると違うシーズンからも選び取ることができて幅がグッと広がります。例:ビビッドウインター・鮮やか、コントラストの効いたなど。

 

☑自分のベストカラー、セカンドシーズン、骨格、テイストはもちろん、トレンドまで完全に押さえてると買う、買わないの決断が断然早くなる。

 

余談です。これはアウトレットでなく購入した私のスカート。イレギュラーヘム(変形の裾のスカート)です。今期は、両端が上がったデザインとの事ですがお手持ちがあればずらして履けばOKですね。ただ、真ん中が長いとつっかかって転びやすくなります。

 

先日、友人Rさんが他の友人グループでアウトレットに行った時1人だけ大ヒンシュクだったとか。洋服をさんざん時間をかけ迷ってから買うそうです。予算は沢山あるのに、ずーっと「どうしようかな。」と言って、帰るという頃にやはり買う。とか。そんな方はやはり、「パーソナルカラー、骨格、テイスト、顔タイプ」が分かっていてさえすれば楽であろうにと考えたのでした。

 

 

これは私がその時着て行った服。この組み合わせを見て、「こんな多色使い私には無理。悪目立ちするわー。」とRさんは言ってましたが、オータムのディープorストロングの人には確かに無理・・・私の条件:サマーなので「ブルーベースの柔らかい色」であまりメリハリを効かさず、多色使いでコーディネートに深みが出ます。・・・ここ、私のパーソナルカラー診断を受けた方はカルテ上部に書いてあります。見直してみてください。

 

2月は満席なので3月の予約開始をお待ちくださいね。

 

 

ご予約状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧