色白ファンデーションの色・最近の事例

and more

黄みの色白さんのファンデーション色

■この記事が役に立つ人:ブルーベースの色白黄み肌タイプの方、ファンデーションをつけると顔の方が黒くなる方、色白でファンデーションの色がなかなかフィットしない方:注:画像多し

「ファンデーションの色が自分の顔の色に合ってないのではないか?」という方は多いものです。特に難しいと感じるのは黄みのあるブルーベースの色白さん(私はサマーなのですがこれにあたります)

下地やBB、CCの色に気を付けたとしても探してるブランドにそもそもお目当ての色がない事も多々。お客様でも該当することが多いです。要するにエンドレステーマの1つなので私も常に探しています。

今回、2ブランド見に行ってきました。

 

カテゴリーでは黄みに分類されますが

区分するとイエローエリアの1番白い色になります。それでも、肌色には似合いやすい。ただし、ハーフマット仕上げ。ハーフマットはパウダーのつけ方により仕上がりは自在となります(できるだけ半透明に近い方がファンデーションの色が忠実に発色します)聞いてると結構、すごい色を重ねまくってる方多いですよ。

標準色のサンプルを2色くれました。

BO-02 が標準色との事ですが色白さんには濃い。BO-01も到底つけれる色ではなかったです。購入した色は綺麗に馴染みます。

これは例ですが、そもそも色展開がないということが多々あります。

しかし、やはりというか乾燥肌にはきつい。(私には)夕方にはかなり乾燥してますし、艶タイプに比べると保湿は落ちると思います。感触は個人的な好みもありますが、色は必見レベルです。

ファンデーションで大事なのは専用ツール。やはり専用のスポンジに勝る仕上がりはありません。かなり特殊なスポンジです。耐久性もあり。普通のスポンジだと吸います。

ピンク系とオークル系の白い色あり

2段目、3段目の1番白い色を試しました。こちらのサンプルはピンク系を頂きました。プライマーに関しては色もあまり入らず、のりが良くなり本当に良かった。ファンデーションはカバー力もあり艶やか。色は白い色とはいえ、ランコムさんの上記タイプよりは濃い。

もう1ブランド見てきたのはこちら。逸話あり。9月4日発売の諭吉ファンデ。良い物なら購入したいと思い見に行きました(発売日前でもたいていその週ならディスプレイしてるところも多い)

お目当てをみつけたので「これの明るい色が見たいです」と言うと、納品中で商品の小箱を畳んでいるところでしたが手を止めて、「どうぞおかけください」から始まり丁寧に商品説明。手の甲にまずプライマー。その後2色タッチアップしてプライマーとその色のサンプルがちょうどありますとくださいました。

余談ですが、下記のブランドのファンデーションもよかったです。

トゥフェイスドは上記のハイライターが有名ですが、購入した時にファンデーションのサンプルを貰いました。それが、想像以上に良かった。色はスノウという色のサンプルでしたがこの色も良いですが色数も多いし・・・テクスチャーがスキンケアのように軽くつきます(不思議なつけ心地)カバー力もある。これオイルフリーの割には保湿感もあり良きファンデーション。

この左もかなり良い色です。ピンク味はなく、ニュートラルの明るめ色。理想的。

今回のまとめ

色白黄み肌ファンデーションの色では、イエローベースにカテゴリーされていても似合う時がある。これはつけないとわかりませんが、1番白い色はOKの時がある。という私の肌感覚はあります(2番目以降は難しい)

色白の方はBB、CCクリーム、コントロールカラー、フェースパウダーの色に気を付ける。出来るだけ透明感のあるものがファンデーションの色を忠実に再現できる。色は重ねれば重ねるほどくすみやすくなります。

ファンデーションをつけることによって汚れた印象になるという方は、思い切って明るめベースに薄く透明かベージュの色がつくプレストパウダー(フェースパウダー)で仕上げる。これもお勧めです。実際に超絶色白の美肌の方はこのように仕上げてる方多し。

私が若い秋田美人の超絶色白肌さんに教えてもらったのは、ジルさんをベースに、キャンメイクのトランスペアレントフィニッシュパウダーのベージュタイプ(本体は廃盤)リフィル。これが、ラベンダーや白だと意図してない白い肌になります。

✅色は良くても、仕上がりの好みがある。乾燥肌の人にマット系ファンデは時間が経ったときに難しい。

✅気になるブランドで対応が悪かったら近隣デパートにも行ってみる。これはおすすめです。

何気なくもらったサンプル、雑誌のおまけのファンデーションが当たりの時もある。色でなくテクスチャーや乾燥、痒くないか確認。

✅このご時世で試しにくいので、敏感肌の人は特にサンプルを貰ってから買う事にする。

 

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧