4シーズン言われたことがあります

colorstyle

パーソナルカラーはウインターにしてるけどサマー説もある??

さて、今日は桜木町で結婚式に出席される方への「メイクメニュー」Y様は起業13年の講師業をされています。今も人気のお仕事を13年も前からされているとは先見の目と実力のある方です。まずはカウンセリング。もちろん事前にドレスの色、仕上げたいイメージをパーティーメイクなので聞いてます。そして事前にお顔の写真も3枚送っていただき、バランスを見てメイクパターンもいくつか想定、考えておきました。パーティーメイクなのでメリハリのあるメイクにしております。

 

 

しかし、ここで・・・そうです。メイクで使う色が確定できていません。迷う時間はないのでベースがわかってないと仕上がりがよくありません。「カラーはウインターにしてます。」とのことでしたが要素的に「サマー説もある。」そしてカウンセリングではなんと「4シーズン」言われてたことが判明しました。主観ビジネスたる所以、カラーリストもお客様も迷走しまくり大変です。

 

ドレープをやってる時間はないけど「ベース」を知るために「アブンダンティア肌色診断」はやってみました

肌色の混合値によって変化反応していきパーソナルカラーの優秀なツールになりますので正直今回は時間もないのでこれ頼みです。そしてファンデーションとドレープは必ず一致します。もちろん腕だけでなくお顔につけていきます。

 

これ読んでる方わかりますよね?典型的なブルーベースです。・・・腕だけで見るとサマー。でも腕と顔は違うこともあります。

 

ドレープ診断してないので最終確定ではありません

あっけなく腕と顔につけて肌色はサマーに確定しました。ドレープ診断してないので最終確定ではないけど「ブルーベースの清色(くすみ濁りのない澄んだ色)」と想定しました。この色の傾向も大事なんですよ。本来は、この傾向を16タイプパーソナルカラー診断で診断していくのです。Y様も納得で早速メイクにかかりました。

 

スクールによってシーズンの取り方は違うこともあるわけですがベースは同じはずです。メイクの場合は幅をもたせたいのでベースが分かれば良しです。それと質感も例えばサマーはマットと言いますが実際にはツヤのある人、ツヤが似合う人もいます。

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧