1stシーズンと2ndシーズンは連動するの?

16typecolor

ファーストシーズンとセカンドシーズンの連動について

結論:連動します。共通ワードで表現できるといってよいでしょう。

ファーストシーズンとセカンドシーズンの明るさと鮮やかさの度合いが同じ領域で合致している。これが診断が正しかったという指標にもなります。なのでサロンでは2ndシーズンを必ず出してます。

いろいろなサイトでセカンドシーズンの説明をご覧になってると思いますが、実際の診断結果を見るのも早いでしょう。

※セカンド領域は、スクールや流派により変わりますが、同じような色が揃うことが多いです

ブライトサマー:クリアウインター:明るさや透明感

ディープオータム:ディープウインター:暗くて落ち着いた色が多い:オレンジ系も得意で多いのですがこのベストカラーの中でも暗めの色の方が冴えるという方です

ビビッドウインター:ビビッドスプリング:鮮やか:この方は緑が得意というのもわかります。

ライトスプリング:ミューティッドオータム:明るくて穏やか:ほぼ一緒な感じですね

セカンドシーズンを出していないと・・・

①セカンドシーズンを出していないケース:お客様に、似合うシーズンの特徴が伝わらないまま診断結果を渡してるケースも多々あります。その後パーソナルカラーを受ける前より受けた後の方がグンと使える色が少なくなった。

②似合うキーワードまで説明してるところは大変少ないのでお客様が理解しづらく結局受け直しをしてるケースが多々(パーソナルカラー診断は4シーズンまでで良いという説もありますが現実、うちのサロンのお申込み動機では非常に多いケースです)

確定されたシーズンとドレープ内容が違う?

①先日のケースでは、前回診断がビビッドウインター:ストロングオータム:3rd :ビビッドスプリング。内容が伴っていれば良いのですが、実際選んでいるドレープがディープにあたる色のみの何色かでした。なんとウインターなのに青がない!このケースはシーズンと内容が合致してない(結果クールウインターさんだったという・・・)

②1回目:穏やか系シーズン。2回目:ビビッド系の診断結果。こういうケースも珍しくないです。

最近、初めてパーソナルカラー診断を受けるという方も前より多くなりました。何回も受けてる方より初回という方のほうが、自己診断でも合ってる事が多く「何回目」という方のほうが混乱してるケースが非常に多くみられます「結局ベーシックカラーしか身につけられない」と言われる方が多い今日この頃です。

まとめ

ファーストシーズンとセカンドシーズンは連動します。

☑セカンドシーズンは、同じような明るさ、鮮やかさの度合いとなる。

☑セカンドシーズンのベストカラーを選出し鑑みることにより、ファーストシーズンの答え合わせになります。

セカンドシーズンを出すことは他にもメリットが沢山あります(下記参照ブログ)

セカンドシーズンとは

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧