デパートのメイクイベントって怖くないですか?

and more

デパートのコスメカウンターを敷居が高いと思ってる人はとても多い

H様とのメイク品の同行ショッピング。あらかじめブランドのアイテムの色を下見をしておきますのでロスがなく回れます。

 

うちに来てくださるお客様、また以前化粧品ブランドに勤めていた時もそうですが古今東西「デパートの化粧品コーナーは敷居が高く、美容部員は怖い」と思われてる方は非常に多いと感じます。SNSで見るとまるで敵扱い・・・残念。「初めて行く人はどこに行ったらいいのか?」という方は総合コスメカウンターに行かれるといいのですが通常なかなかあの外資Cさん、Dさんともなれば初めて行くとなると勇気がいるし緊張してしまうという方もいるでしょう。これについてはまた別記事予定・・・

 

デパートに行くとたまにというか正確には週代わりでイベントスペースにて行ってるのですがあのようなイベントは座ったら最後「購入しないと帰れない。」「買わなかったら担当した美容部員に嫌な態度をとられる、ズラッと並べられてのクロージングされるのは苦手。(あれはお決まりなのです・・・)」と横目で避けてるという方も多いのではないのでしょうか。確かにイベントには通常の売り場以外に美容部員を沢山配置してコーナーは業者さんに頼んで臨時で作成して経費がかかってますし、デパートからの予算もあり当然売り上げを達成させるのは当たり前なのですが、もう1つ大切なブランドの認知を広げるという目的もあります。なので絶対に買わないと嫌な思いをするというわけではないのです。

 

これは2月上旬にあったメイクイベントについて。横浜のデパートの8Fでちょうどバレンタイン時期。チョコレート売り場横で16ブランドほど合同で行われた「メイクアップフェスタ」ですが私はその時5ブランドほどメイクアップアーチストによるメイクショー見る機会がありました。その時感じたことなど・・・

 

そのメイクショー内容はサラッとだけ。もちろん新色の紹介ですが、各ブランド全てのアーチストに共通していたのはベースメイクにおけるハイライト遣いです。(色を乗せるショーなのでファンデーション、パウダーまでは仕上げてます。)それと今旬のリップの色について。ほとんどピンクで昔でいうディオールの475やサンローラン19のような(世代を感じます)青味のあるピンクが流行ってるとのことです。(サンローランはローズですが)今日はこれについては掘り下げません。

 

私が買ったのはジパンシーです。

 

ちなみにこれはイエローベースをまとめたもの。私のブルーベース肌にオレンジは調和しません。特に下はオータムさんに似合う色・・・腕でもわかりますね。真ん中はまだいいとして上と下は特に不調和。

このようなメイクイベントで座ったら買わないといけないのか

美容部員側としては買っていただけるともちろん嬉しいものですが、お客様スタンスは「気に入ったら買う。」で当然良いのです。要らない場合はハッキリ「今日はこれで。」といえば済みます。その時に「今日つけた色番をを書いといてください。」くらい言えればよいと思います。(カルテは名前だけでも書いてあげてくださいね。これフリーだと悲しくなります)

それとこういうイベントで化粧品カウンター側は売り場の賑わいを見せたいので、お手すき状態で席が空くということが一番良くないのです。なので肌診断後にサンプルをもらう、新色つけるだけもあり。ですし誰かいることにより次のお客様が入りやすくなるのです。

 

デパートのメイクイベントに参加するメリット

①このようなイベントの場合、特別にサンプルを手配してあるので豊富に用意してる場合が多いといえます。

②通常の売り場にはない特別な肌分析ができる機械があることも。

③メイクアップアーチストや特別に技術を修練したメイクアップチームの方に最旬メイクを施してもらえるチャンス大。その時に国産Sさんはメイクアーチストで全国TOP8が来てます。とマイクで言ってましたよ。

④その会場だけのお買い上げプレゼント、特典、プロモーション品がある。これも大きいです。そして同じ日に同じものを通常売り場で購入してもプレゼントはついてきませんしお値段まで違う場合も普通にあります(セット扱いでやすくなってることも)・・・

 

今回面白かったバーチャルメイク

今回は人気ブランドのリップをセルフで試せる「リップバー」のコーナーもありました。

 

 

YouCamメイクといって最先端のAR(拡張現実)とAI(人口知能)の技術を搭載したバーチャルメイクアプリで「自分のイメージに合う傾向のリップ」を選び写真が撮れるというもの。その後実際にお試しコーナーにてつけることができます。

 

質問を進めていくと似合うイメージに行きつきます。そのイメージが大きい画像で出てきて写真が撮れて携帯に送ることが出来ました。私はフェミニン、キュート。なんだか迷ってもコスメカウンターの方が優しくナビゲートしてくれるから安心。

 

その後刊行された、このデパートの今期のコスメティックフェスティバルの冊子はいろんなブランドのコスメを使った春メイクパターンを携帯で自分の顔にそっくり乗せられるというもの。おもしろいシステムだと思いました。(いろんなブランドでというのは初めて見ました)今後はこのような手法が流行るのかもしれませんね。

 

まとめ:

デパートのメイクイベントは「気に入ったら買う。」という心づもりで大丈夫。

その会場ならではの特典は思ってるより沢山あります。チラシなどは特によく目を通してみてください。

お客様にはメリットの高いことが大変多いので「デパートのメイクイベント」は怖がらず楽しんでみてくださいね。

 

以前書いたコスメカウンターの記事は→こちら

なぜか字が詰まって表示されてしまってます。

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧