グレイヘアのファッションやメイクのおしゃれポイントが知りたい1

boneanalysis

「骨格スタイル診断」でお越しいただいたO様。以前に「16タイプカラー診断」は受けていただいてます。タイプはサマーライト。サマーでもうすい、浅い色が特徴のパステル系がベストカラーです。

 

O様はサマーライトがベストカラーなのになんと以前はオータム判定されてました・・・残念。かすりもしません。

 

今回ご連絡いただいた際のご要望は「グレイヘア」を選択したのでオシャレに見えるファッションスタイル、メイクのポイントを知りたい。とのこと。確かに髪の色が変われば似合うテイストも今までと変わりますね。今年は1月初旬にオールグレイヘアのマダムをやらせて頂いたので感覚は覚えてます。

 

※遺伝的な要素、要因からパーソナルカラーは一生変わらないというのが定説になっていますが、「紫外線の影響、体調、食生活の嗜好や変化など後天的な要因」で微妙に変わることが実証されています。なので「グレイヘア」は顔の周りの額縁の色が変わるのですから当然似合う色も変わります。(この辺が流派というかスクールによって変わります)

カウンセリング内容

コンサルティングをお受けになる目的:グレイヘアに似合うファッションに出会うため

ご自身の気に入ってるところ:姿勢が良い

カバーしたい点:眉

人からのイメージ:話しにくい、こわい

どんなイメージに見られたいか:おしゃれで優しいイメージ

 

グレイヘアにされたきっかけ

美容院でカラーをしてる時間が苦痛で仕方ない。年齢を重ねたマダムが地肌までオレンジに染まってるのを見てあと何十年カラーリングを繰り返すのか。そこまでしてやる必要があるのか疑問に感じてしまった。そして「ありのままの自分でいたい。」という選択したとのことでした。

確かにショートで柔らかいカールの効いたプラチナグレイヘアな方が真っ赤なリップを塗っていて粋でおしゃれな感じでしたら素敵だなと思います。しかしながら私は以降時期はどうするのかな?など疑問はありましたが人それぞれ大事にしていくことは違いますし時代の流れでそれもありです。(今年の流行語にノミネートされてましたね)O様の場合移行時期は結ぶとのことでした。

 

骨格スタイル診断の結果

ボディライン:ミディアムシャープ:肩はやや直線的

 

ストライプは縦ではなく横がお似合い。抽象柄はあまり大きめではありません。

 

スタイル:クラシカルエレガント。モダンやマニッシュまでいけるタイプ

バレエを長いことされてるのでしなやかなスタイル、姿勢も良く体型カバーのアドバイスはなし。スタイルの良さを活かすのみ。

そのことより気になったのは「面長」の扱いとご自身も長いことお悩みの「大問題の眉」でした。なので今回は骨格診断に眉メニューをプラスし、メイクのカラーアドバイス仕上げにも多めに時間を頂戴させていただいております。眉に関しては次回ブログにて解説いたします。

 

グレイヘアのO様にお似合いの洋服のテイストとメイクカラー

グレイヘアは顔色がくすんで見えやすいのでクリアで彩度の高い色遣いが大切です。サマーの方は白を含んだ色が得意ですがグレイヘアにはぼやけた印象になりやすいのでポイントカラー、アクセントカラーとして彩度の(鮮やかさの度合い)高い色を上手に使用されるとおしゃれにみえます。O様の場合ブルーベースのウインターの色などもこれからは積極的に取り入れることをご提案いたしました。

 

リップは今期最旬カラーのリアルレッドのマットタイプと青みのあるツヤレッドと比べましたが後者のほうが断然お似合い。そもそもパステルが似合うので、いくら流行りのレッドでも濃すぎるのは合いません。(でも試してみました)この似合う赤リップをみつけるのがグレイヘアの方には必要な作業です。

 

また面長なのでヘアスタイル今は分けてるので長さが強調されやすいこと、あまり深いUやVはオススメせず、今期流行の詰まった襟首のデザインなど提案してます。エレガントなお洋服が良く似合われますので移行時期もあまりカジュアルに傾きすぎないことをご提案いたしました。また首も細いので長さを分断するためチョーカーをあてたらとてもお似合いでしたよ。

 

※ラピスアカデミーで教えていただきました。

 

続きます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧