肌の黄みがブルベなのかイエベなのかわからない

16typecolor

肌の黄みがブルベなのかイエベなのかは自分でわかりづらい

広がるからとケースに入れて持ってきてくださいました。もっと沢山ありましたが撮り忘れ、残念。

11月2日にご来店いただいた横須賀方面からお越しの20代後半のA様。絵に携わるお仕事をされてます(また、色のプロ)

コースはブラッシュアップ、セカンド選出まで。

お悩み:

肌の黄ぐすみ、リップが何色が似合うのかわからない。

ベルルーンを選んだ理由は「神奈川で細かくパーソナルカラーをやってる所を探していた」との事。ありがとうございます。

洋服で好きな色:くすみの入ったパステルカラー。紺、グレー、緑

苦手な色:マスタード系、原色、高彩度カラー

いやはや分析も非常に詳細。さすがプロ(ここでこの人サマー?だけど緑なんだ。と思ったあなた、鋭いですYO。後ほど緑の謎は解けます)

そしてA様は、色に詳しいのですが、ご自身の肌の黄みがイエローベースなのかブルーベースなのかは迷われたとの事です。確かにここは比較しようがないので難しいところです。

上:A様。下:私の白ピンク肌。同じブルーベースでもここまで違います。確かに悩むのもわかります。しかしながら肌にドレープをあてたら、即わかりましたよ。

こちら4本共にイエローベースの腕。右下は私の色白ピンク肌。右上の方は特に顕著です。緑の色素が入っていて全然違いますね。肌の混合値に反応するファンデでは腕。沢山のドレープで顔の肌にて比較検討した結果の腕の傾向ととらえてください。※腕だけの話ではないということです。

それで一時期イエローベースかなと思いメイクカラーを選んだとの事ですがどれもしっくりこなかったそうです。

そして、黄みを感じる肌ゆえに、コスメカウンターに行くとファンデーションはベージュ系を勧められ「合ってるのかな・・・」と疑問に思いながら過ごしていたとの事。

この疑問も実に多いです。ご希望の方や必要と感じる方にはわかりやすく選び方を説明しております。

診断結果

自己診断もサマーでした。1st:ブライトサマー:2nd :クリアウインター

クリアウインターでも、髪色は黒く、瞳のコントラストも高いのでウインターの似合い度も思ったより高かったです。

リップも沢山お持ちでしたが、A様に似合う1本を選びました。サマーさんにはよく使ってます。

厳密に言うと、透明感ワードでメイク感のいらないクリアウインターさんにも使うことはあります。

お顔立ちや雰囲気にもよりますが、ご希望が「普段使いできる顔色がキレイに見える色」でした。つけてみてやや薄かったのでプラムブラウンをチョイ足ししましたよ。A様はメイク感があったほうが映えるので。

CLINIQUE ポップスプラッシュ#17スプリッツポップ:意外と皆様持ってない青みがかった白みのピンク色です(少し白濁調)

A様は肌が敏感でコスメには大変気を使ってます。今回も最初はご心配の様子でしたが、クリニークもアレルギーテスト済み(※すべての人にアレルギーが出ないわけではありません)

リップは比較的荒れにくい方だと思いますのでタッチアップしました。

余談ですがA様も何個かお持ちくださいました。その中にアクセーヌがありましたが、アクセーヌのカラーコスメは色素が直接肌につかないようにコーティングしてあり敏感肌向きです。

ちゃんとした環境でドレープをあてていくのが1番スッキリ納得できました

本日は診断、それとドレープの写真、カルテもありがとうございました。ベストカラーとワーストカラーが分かり、これからは自信を持って服やコスメを選ぶことができます。

今までは膨大な色数の中から「どれが似合うのだろう?」と悩みながらおそるおそるの購入がほとんどでしたが、方向性がわかったのであとは好みやつけるシーンで色選びが出来るというのは本当に助かりました。

服では選べてもコスメではなかなか青みに寄った色を選べずにいたので挑戦してみたいと思います。

最近はマスクもカラフルな色が増えていいな。と思いつつ大事故が怖くて白以外手を出せずにいたのですが安心して選ぶことができます。

家に帰ってから鏡でまじまじとリップカラーを目に焼き付けました(皆様、落としたくない。とごねる方もW)

今日つけて頂いたのは、CLINIQUEポップスラッシュ17スプリッツポップでしょうか?落としてみても特に荒れることはなかったのでこの商品を購入したいと思いました。

上に重ねたブラウンのリップは何色ですか?わからなかったので教えて頂けたら幸いです。

(お客様方はその時は気にならなくても、こんな感じで後からよくご質問を受けます。なのでインスタに載せてます)

上に重ねた色はワインブラウン系。これは廃盤なので似てる感じを昨日プチプラで探してみました。次のブログで載せますね。

今までプロの方にパーソナルカラー診断してもらったことがなく、どういった感じで進むのか緊張していたのですが、気楽におしゃべりしながら似合う色を見つけていただきとても楽しかったです。

その後色番のやりとりした後、

肌の色や目の色で自己診断だとかなり迷走してしまいましたが、実際にちゃんとした環境でドレープをあてていくのが1番スッキリ納得できました。目が慣れてくるとあんなにも違いが分かるのも面白いです(色のプロなので特に良く判別出来たと存じます)この度は大変お世話になりました。ありがとうございます。

私の感想

A様は色のプロなので膨大な色から何を選べばよいのか迷われてしまったわけです。ですが、少しのヒントでいろんな気づきがありこれからは迷いなく選び取ることが出来ますね。

そしてまた撮り忘れましたが、A様は、緑や黄色がお好きなようで小物にも沢山持たれていました。携帯ケース、ポーチ、レモン柄の傘もお持ちだったかと(ベストカラーにはなくてもアクセントカラーでとても使えます)

前にアートスクール講師の方がいらっしゃったときも確か、アクセントカラーを身につけるのを好んでいたのを思い出しました。

色をプロとして扱ってる方は自然とベースカラーに映えるアクセントカラーも身につけてるものです。

ただ、マスクの色は、お顔の色と密接してます。したがって綺麗なラベンダーやピンク、水色、ピンクベージュなど良いのではないでしょうか?お似合いになりそうです!

本当は、もう少し、リップをやりたかったのですが長くなりましたので次のブログにいたします。

 

 

渡辺 みゆき

大手外資化粧品ブランドを中心に美容部員として25年間で延べ11万人を接客。カラーコスメとファンデーションと肌色との対比を見続けてきた経験を活かし現在パーソナ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧